2016年5月31日火曜日

Band Limited ImPulse - Blip

帯域制限を用いたインパルス・ジェネレータ

Band Limited ImPulse

Blipについては次のWEBサイトが分かりやすく解説しています。



指定した倍音を重ねて出力する関数ですが、
ただ単純に重ねるのではなく、
ノイズになる無駄な部分をカットする処理を行っているようです。


{Blip.ar(440, 1, 1, 0)}.plot
440Hz で倍音を1つとして出力。



普通のサイン波です。

{Blip.ar(440, 2, 1, 0)}.plot
倍音を2つにしたときに、振幅がうまく調整されているのが分かります。


{Blip.ar(440, 3, 1, 0)}.plot



{Blip.ar(440, 5, 1, 0)}.plot




{Blip.ar(440, 10, 1, 0)}.plot



{Blip.ar(440, 100, 1, 0)}.plot



{Blip.ar(440, 200, 1, 0)}.plot




倍音の数が200ほどにもなると、
帯域制限が効いて、
それぞれの周波数の振幅が、
はっきりと調整されていることが分かります。


音源サンプル

{ Blip.ar([523.3/4, 523.3/4],Line.kr(1,100,20),0.2) }.play;


使いようで非常に面白い効果が期待できそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿