2016年5月24日火曜日

指数分布を用いた乱数生成 - exprand

exprand(1.0, 100.0)
引数に与えた小さい値に偏りを持つ値を返します。



rand 関数と違う点として、exprand関数では、
この場合の引数だと、1から10までの値と、
10から100までの値がでる確率が同じになります。


■実行結果例

47.656370272524
43.80190417783
1.2091068107496
5.9676588085445
1.7298887475711
2.2762870707028
79.104229877935
4.6093322577873
1.6666314335012
31.07596776077
5.7769098624727
1.4709877119437
33.460263807101
6.3403401862268
53.762953958958

0 件のコメント:

コメントを投稿