2016年5月24日火曜日

ノイズ生成 - LFNoise1

LFNoise1(freq, mul, add)



上の音源は次のコードを実行したものです。

{
  [LFNoise1.ar(800, 0.75, 0), LFNoise1.ar(400, 0.75, 0)]
}.play

左右のfreqを変えたり、少しいじっていますが、
先にあげたLFNoise0との違いが感じにくいと思います。

しかし、プロットで見るとその違いがとてもわかりやすいです。

{[LFNoise0.ar(800, 0.75, 0),
LFNoise1.ar(800, 0.75, 0)]
}.plot


上のプロットが LFNoise0
下のプロットが LFNoise1
です。

LFNoise1は値と値の間を補完しているのがわかります。
SinOscの引数にすると、音としてもその違いがはっきりとわかります。




{ [
 SinOsc.ar(LFNoise0.ar(4, 400, 450),0, 0.5),
 SinOsc.ar(LFNoise1.ar(4, 400, 450),0, 0.5)
] }.play;

左チャンネルがLFNoise0を引数に与えたSinOsc
右チャンネルがLFNoise1を引数に与えたSinOsc

左が階段状にピッチが変わるのにくらべて、
右チャンネルは、線形にピッチが変わっていると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿