2016年5月24日火曜日

ノイズ生成 - LFNoise2

LFNoise2(freq, mul, add)


SCのExampleを順に実行した音源が上になります。
(LFNoise0から続けて編集するのがしんどかったので、左チャンネルのみからのままにしています。)

LFNoise0、LFNoise1との違いは、
こちらもプロットをみればはっきりすると思います。

{[LFNoise0.ar(800, 0.75, 0),
LFNoise1.ar(800, 0.75, 0),
LFNoise2.ar(800, 0.75, 0)
]
}.plot



LFNoise0 が矩形的な変化
LFNoise1 が値の間を線形に補完
LFNoise2 が値の間を曲線的に補完(なめらか)

となっています。

うまく活用していくことで、
LFNoise1とは違った美しさが表現出来ると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿