2016年6月8日水曜日

出力する際のチャンネル数

作成したコードを実行する際に、
複数チャンネルに出力(実行)することができます。


実行例:

{SinOsc.ar(440)}.play


例えば上のコードでは、
440Hz のサイン波が 1 チャンネルで出力されます。

これだと、ヘッドフォンで聴いた時には、
左チャンネル( 1ch )からしか出力されません。

複数チャンネルで実行する際には、
例えば次のようなコードにします。


実行例:

{SinOsc.ar([440, 440])}.play

このように、UGenの引数を配列で渡すと、
2チャンネルでの出力になります。
ヘッドフォンで聴いても、ステレオでの出力になるはずです。


配列の要素数を増やしていけば、
その分出力されるチャンネル数が増えていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿