2016年6月1日水曜日

マウスで値をコントロール - MouseX, MouseY

マウスの現在位置で、
PMOscの引数の値をコントロールするプログラムです。

実行例:
{PMOsc.ar([440, 440], MouseX.kr(1, 1000), MouseY.kr(1, 1000))}.play



マウス(カーソル)の現在位置を渡すには、

横位置なら  MouseX
縦位置なら  MouseY

を用います。

また引数(kr)に、現在位置に対応する値を渡します。
MouseX.kr(最小値、最大値)

UnitGenの引数に設定すると、
それぞれの値がどのような効果を生むのか、
非常にわかりやすくなると思います。

また、初期値では、値は線形に増加しますが、
第3引数に1を設定すると、指数関数的に値が増えてきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿