2016年6月8日水曜日

波形確認 - plot

plot を用いれば、生成されている波形を確認することができます。

例えば、のこぎり波の確認をするならば、次のようなコードになります。

({LFSaw.ar(440)}).plot

これを実行すると、別ウインドウが開き、次のような結果になります。



※ SC3.7 になって plot の画面も若干変わりました。

plot( 秒) とすることで、指定した秒数の波形を確認できます。(便利)

コード例:
({LFSaw.ar(440)}).plot(1)

実行例:

ミリセカンドで引数に指定できるようです。

 コード例:
({LFSaw.ar(440)}).plot(0.5)

実行例:



ちなみにステレオの波形をみようとすると、次のようなプロットが生成されました。

コード例:
({LFSaw.ar([440, 220])}).plot(0.5)
※ 440Hz と 220Hz



上下に並んで生成されます。
上の例だと220Hzと440Hzなので、ちょうど1:2の波形ができていますね。



また、いくつかキーボードショートカットがあり、例えば、
出力されたプロットのウインドウを選択して、
"+" や "-" を入力すると、
プロット図を拡大・縮小したりできます。

他には、Alt + マウスでクリックで、値をポストウインドウに出力できたり、
描画方法を変えたりできます。

詳しくは plot のヘルプファイルにキーボードショートカットが載っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿