2016年6月8日水曜日

波形確認 - scope

波形の確認に用いる関数として、
plot の他に scope もあります。

plot がその時点で指定された秒の波形なのに対して、
scope は今現在の値となり、動的に表示が更新されます。



実行例:

{LFTri.ar([440])}.scope

※ 三角波( 440 Hz )の出力を確認してみます。



ステレオでの出力だと次のようになります。

実行例:

{LFTri.ar([10, 50])}.scope



オーディオレート( ar )だけでなく、
コントロールレート( kr )の値も確認できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿