2016年6月8日水曜日

UGenでmulの値にUGenを用いて音量を編集する

SinOscなどUGenの引数には、
出力される値を掛ける引数がありますが、
その引数にSinOscなどを用いることで、
周期的に音量が変化するサウンドをつくれます。


実行例:
{
  var vol = SinOsc.kr(1, 0, 0.5, 0.5);
  SinOsc.ar(440, 0, vol)
}.play


波形図(with SinOsc)

周期的に音量が小さくなったり大きくなったりを繰り返します。


変数 vol に用いている SinOsc.kr(1, 0, 0.5, 0.5)は、
1Hz のサイン波に0.5をかけて 0.5 足したものです。
音量になるので、値が負の数にならないようにしています。


他のUGenを使って様々な効果がねらえます

実行例2(LFNoise2):
{
  var vol = LFNoise2.ar(1, 0.5, 0.5);
  SinOsc.ar(440, 0, vol)
}.play



波形図  ( with LFNoise2)

音量の大小の変化はランダムに変わります。


実行例3(LFSaw):
{
  var vol = LFSaw.ar(1, 0, 0.5, 0.5);
  SinOsc.ar(440, 0, vol)
}.play


波形図( with LFSaw)

無音から直線的に大きくなる・・・の繰り返しです。
※無音に戻る際にノイズが起こります。



実行例4(LFPulse):
{
  var vol = LFPulse.kr(1, 0, 0.5);
  SinOsc.ar(440, 0, vol)
}.play


波形図( with LFPulse)

オン・オフの繰り返しです。
1から0に移るタイミングでノイズが発生します。

0 件のコメント:

コメントを投稿