制作ガイド

投稿した記事のリンクまとめです。

1. 事前準備


サーバーの起動
・サーバーを起動しないと発音できません。

Hello World を出力
・画面に"Hello World" と出力してみます。

変数について

複数チャンネルでの出力
・ステレオで出力するために

オーディオレートとコントロールレート
・UGenに用いるarとkrの違いについて

ヘルプファイルの閲覧方法
・SCのヘルプファイルには様々な UGen などの実行例があります。


2. 基本的な波形生成(UGen)

SCにはさまざまな波形が用意されています。
私がSoundCloudやYoutubeにアップロードしたサンプルを記事にしています。

サイン波
のこぎり波
三角波
矩形波

BLIP
インパルス
ノイズ生成(1)
ノイズ生成(2)
ノイズ生成(3)
ノイズ生成( White Noise )
ノイズ生成( Pink Noise)

3. 波形生成の変数などに用いる関数


MIDIノートナンバーと周波数値の変換

波形の確認( plot )
波形の確認( scope )
出力される周波数の確認( FreqScoope )

マウスの位置を用いたサウンド生成

4. 音色作成


UGenのmulの値にUGenを用いて音量調整

Envを用いた音量調整
・波形生成で作成した音の発音時間を調整します


0 件のコメント:

コメントを投稿